今ではかなり一般的になった『海外向けレンタルWi-Fi』。このページではお得に利用できるように料金やサービスを比較して、最もおすすめの会社を紹介しています。また、当サイト限定の割引キャンペーンも用意しています。

レンタルWi-Fiは地域別の料金や、使用容量など細かく分かれているため、初めて利用する方には非常に分かりにくくなっています。そのため、料金の比較以外にも初めての方用に簡単な説明も掲載しています。ぜひご覧ください。



料金比較
レンタルWi-Fiで大手とされるのが「グローバルWiFi」と「イモトのWiFi」の2社です。この大手2社を利用する方がほとんどであり、料金面から受取場所の充実など幅広い面で優れているのが特徴です。

料金はほぼ横並びのため、早く決めたい方は全ての面で優れている「グローバルWiFi」を申し込むのが良いでしょう。

サービス名料金キャンペーン申し込み

グローバルWiFi
韓国、台湾、香港: 670円~
ハワイ、グアム : 970円~
アメリカ本土  : 970円~
ヨーロッパ   : 970円~
受取手数料0円
5%OFF

イモトのWiFi
韓国、台湾、香港: 680円~
ハワイ、グアム : 980円~
アメリカ本土  : 980円~
ヨーロッパ   : 980円~
LTEプラン300円OFF

jetfi
韓国、台湾、香港: 680円~
ハワイ、グアム : 980円~
アメリカ本土  : 980円~
ヨーロッパ   : 980円~
大幅割引
キャンペーン価格実施中
基本的には各社横並びです。そのため、大きく違ってくるのが受取手数料です。通常500~600円ほどかかる料金ですが、グローバルWiFiはキャンペーンで0円になっています。例えば台湾2日間で見てみると、

グローバルWiFi
イモトのWiFi
jetfi
670円×2日
680円×2日+500円(受取手数料)
680円×2日+650円(返却手数料)
=1,340円
=1,860円
=2,010円
という風になります。結果的にこの受取手数料で差が出来てしまうため、0円キャンペーンを行っているグローバルWiFiがかなり有利です。



グローバルWiFi
韓国、台湾、香港: 670円~
アメリカ、ヨーロッパ: 970円~

イモトのWiFi
韓国、台湾、香港: 680円~
アメリカ、ヨーロッパ: 980円~

jetfi
韓国、台湾、香港: 680円~
アメリカ、ヨーロッパ: 980円~

基本的には各社横並びです。そのため、大きく違ってくるのが受取手数料です。通常500~600円ほどかかる料金ですが、グローバルWiFiはキャンペーンで0円になっています。例えば台湾2日間で見てみると、

グローバルWiFi
イモトのWiFi
jetfi
670円×2日
680円×2日+500円(受取手数料)
680円×2日+650円(返却手数料)
=1,340円
=1,860円
=2,010円

という風になります。結果的にこの受取手数料で差が出来てしまうため、0円キャンペーンを行っているグローバルWiFiがかなり有利です。

1位 グローバルWiFi
最大手の「グローバルWiFi」です。特徴としてプランが細かく設定されているため、3Gや容量が少なくて良い方であれば業界最安値で利用できます。またタイ、シンガポールなどの東南アジアも670円から利用できるため、イモトと比べるとかなりお得です。

空港受取は充実しており、北海道から沖縄まで主要空港は全てカバーされています。また、成田や関空のようにターミナルが第1、第2と分かれていても、それぞれに店舗が設けられているため便利です。

別途料金として受取手数料500円がかりますが、当サイトから申し込んだ場合はキャンペーンとして0円になります。これはかなり大きく、他の会社であれば670円+500円(受取手数料)で1,000円を超えますが、グローバルWi-Fiであれば670円で済む計算です。



2位 イモトのWiFi
業界2番手の「イモトのWiFi」です。最低料金はグローバルWiFiとほぼ同じですが、容量が500MBに増量されたためその分お得になります(グローバルWiFiの最低料金は250MB)。一方で、4G/LTEにするとグッと料金が上がり、また東南アジアが980円からと高く設定されています。

空港受取は国内の主要空港で対応しており、羽田、成田、関空、中部、福岡、新千歳の6つです。グローバルWiFiと比べるとかなり少ないですが、多くの方はカバーされているでしょう。

別途料金として受取手数料が500円かかります。唯一、渋谷にある本社受取りであれば0円となりますが、東京近郊に住んでいる方に限られ、また電車賃や費やす時間を考えるとあまり賢い選択ではありません。



3位 jetfi
新興系の「jetfi」です。現在キャンペーン中のためかなり安く利用することができます。プランはアジアとグローバルの2つの地域に分かれており、アジア地域には東南アジアやカタール、ドバイも含まれるため、この辺りへ行く方にはお得です。

通信プランは4G/LTEだけであり、他の会社のような3Gがないため料金以上にお得です。容量は300MB、500MB、1GBの3つに分かれています。

別途料金として宅配便受取600円、返却パック650円が発生します。ただし、空港受取の場合は前者の600円が発生しないため、後者の650円がだけで済みます。空港受取に対応しているのは羽田、成田、関空の3つだけのため、大手2社と比べると充実はしていません。



初めての方
海外でインターネットを使うには日本のSIMカードではできないため、海外で使えるWi-Fiをレンタルする必要があります。細かく言うと、現地でSIMカードを購入する事もできますが、こちらは上級者向けのため、ほとんどの方はWi-Fiレンタルして行くのが普通です。

また、Wi-Fiをレンタルすることにより複数人で使用できるため、友達同士や家族でインターネットが使えるのも特徴です。

料金について
海外のWi-Fiは地域によって料金が異なります。基本的には近場が安く、欧米など遠くに行くほど高いため、航空券と同じような感覚で良いでしょう。

韓国、台湾、香港などが1日680円、ハワイ、アメリカ、ヨーロッパなどが1日980円を目安にしてください。東南アジアは会社によって異なるため、シンガポールやタイに行く方は注意が必要です。

通信タイプについて
通信には3Gと4G/LTEの2つがあります。知っている方も多いでしょうが、3Gに比べて4G/LTEは速いです。そのため、4G/LTEの方が料金も高く設定されています。

ただし、ホテルではホテルのWi-Fiがあるため、レンタルWi-Fiを使うシーンは外出中が主です。そのため、メールやLINE、地図の確認程度であれば3Gでも十分というのが現実です。

容量について
これが最も分かりにくい項目です。250MB、500MB、1GBに分かれていますが、このままでは分かりにくいので30日で考えるとイメージしやすいです。

それぞれ250MB→7.5GB、500MB→15GB、1GB→30GBとなります。ドコモなどで設定されている月7GBを目安に考えると、250MBでも十分と言えるでしょう。2人以上で使う場合であれば、多めに500MBにしておいても良いかもしれません。


ここまでをまとめると、
1人で行く場合は 「3Gと250MB」の最低限のプランで良いでしょう。
複数人で行く場合は、「4G/LTEと500MB」にしておくと不満も出ずに良いのではないでしょうか。

これらを踏まえて、上記の料金比較からサービス会社を選んでください。