shb 上海というと経済のイメージがまだまだ強いですが、それでも少しずつ観光目的で訪れる人も多くなってきています。外灘のような歴史を感じる場所や、浦東新区にある400m級の高層ビルなど見どころはたくさんあります。一方でツアーなどが少ない分、ホテル選びには迷うことになるでしょう。

今回紹介するのは、2人1部屋の利用で10,000~18,000円の範囲のホテルです。観光で訪れる人が一番利用するクラスであり、このレベルであれば快適に過ごすことができるホテルです。



1位 ジ イートン ホテル

1万円台半ばの宿泊費ながら5ッ星という大変コスパの良いホテルです。お部屋はシンプルモダンなデザインで、高層階からは綺麗な夜景も堪能できます。お風呂は浴槽が独立したタイプなので、日本人とってはうれしいつくりになっています。どちらかというと出張で利用する人が多い傾向にあります。

ホテルは浦東新区にあります。最寄り駅は4号線の浦東大道駅で徒歩2分。ビジネス街の外れにあり、周辺は飲食店を含め特に何もありません。隣の世紀大道駅は浦東一の繁華街です。
予約まで直結!良いと思ったホテルは、そのまま予約可能です。
もちろん大手サイトを利用するから安心。日程と必要事項を記入するだけで予約完了です。

2位 ルネッサンスホテル 上海普陀

こちらはマリオット系列のホテルです。2010年オープンなので清潔感があり、それでいてリーズナブルなので日本人からも人気が高いホテルです。このクラスとしては部屋も大きく、スーツケースなどを広げても十分なスペースがあります。施設面では日本料理や中華のレストランが入っています。

ホテルは上海の北西、7号線の嵐皋路駅から徒歩1分の場所にあります。駅から近いため移動は楽ですが、外灘など観光名所へは距離があります。郊外ではないですが中心部でもない微妙な位置です。

3位 WH ミン ホテル上海

郊外にあるということで、立派なホテルでありながらリーズナブルな価格で宿泊することができます。お部屋は広くてモダンなつくりになっており、ワンランク上のホテルと比べても遜色のないレベルです。施設面ではレストラン、バー、スパ、フィットネス、プールなど非常に充実しています。

ホテルは上海の北東にあります。8号線の黄興公園駅が最寄りで徒歩6分。すぐ隣には大きな公園があります。8号線の終点近くにあり、中心部までは10駅ほど乗らないといけません。
航空券にホテル代をプラスすると、ホテル代が最大全額OFF!!
安く旅行したい人は使っている【AIR+割】

セントラルホテル 上海

上海の老舗ホテルです。お部屋は改装しており、バストイレも含めて現代風で綺麗な状態です。不満なく快適に過ごすことができるので初めての上海ならおすすめです。こちらのグループ会社は上海ガニで有名なので、ホテル内にあるレストランでぜひ上海ガニを味わってみてはいかがでしょうか。

ホテルは南京路から一本入った所にあり、南京東路駅と人民広場駅のちょうど中間にあたります。駅から徒歩6分。すぐ隣には同系列の「グランドセントラルホテル」があるのでお間違いのないように。

ジンジャン メトロポロ ホテル クラシック シャンハイ オフ バンド

全体的に豪華さを感じるホテルです。ロビーなどの照明は暗く、大人の雰囲気が漂う空間になっています。お部屋のつくりはデザインチックになっており、浴槽がむき出しになっているなど、友人レベルで泊まるには向いていなかもしれません。カップルや夫婦での宿泊が理想です。

ホテルの立地はトップレベルです。南京東路駅まで徒歩5分。南京路と外灘のちょうど中間にあり、観光にもショッピングにも、また夜には夜景を見に出かけるにも便利な場所です。

ナラダ ブティック ホテル シャンハイ ユー ガーデン

外観は少し古びた印象を受けますが、お部屋は改装されており綺麗な状態です。スタンダードホテルとしては一般的な内容でありますが、中国のホテルとしては比較的リーズナブルで快適に過ごすことができる貴重な存在です。

最寄り駅は10号線の豫園駅で徒歩6分ほど。南京路や外灘へは1駅なので比較的良い場所にあり、また駅近ホテルなので地下鉄に乗って様々な場所への観光にも適しています。

サンライズ オン ザ バンド

外観や館内を含めて、少しヨーロッパ風なつくりになっているホテルです。お部屋自体は一般的なホテルと変わりませんが、バストイレが綺麗であり、特にトイレはウォシュレットを完備しています。このクラスのホテルでは珍しいのでポイントになるでしょう。

ホテルは外灘の北側にあります。最寄り駅は12号線の国際客運中心駅、提籃橋駅で共に7分ほど。外灘まではギリギリ徒歩圏内ではないので、立地としては微妙な場所です。