sha 日本の主要都市から上海までは、おおよそ3時間。3連休があれば十分に買い物や観光を楽しめる街です。そんなフラッと行ってみたい方には航空券やホテル代にお金をかけたくないというのが本音でしょう。リーズナブルだけど、海外なので最低限の安全性と快適性はゆずれない。

今回紹介するのは、宿泊費が2人1部屋の利用で10,000円以下のホテルです。友人同士、若いカップルの方やホテルにお金をかけたくないという方でも十分に満足して過ごすことのできるホテルです。



1位 スターホテル 上海

日本でいう少し豪華なビジネスホテルです。レストランなど余分な施設はなく、宿泊に特化することで価格が抑えられています。2014年オープンと新しく、お部屋は清潔感があり設備なども最新の物が備えられています。多くの部屋で洗濯機やキッチンが完備されており、長期滞在にも対応しています。

場所は市中心部の少し北に位置します。最寄り駅は1号線の中山北路駅で、徒歩3分の駅近ホテルです。隣の上海駅からは北京~上海を結ぶ高速鉄道が運行されています。
予約まで直結!良いと思ったホテルは、そのまま予約可能です。
もちろん大手サイトを利用するから安心。日程と必要事項を記入するだけで予約完了です。

2位 メルキュール 上海 ロイヤルトン

1万円以下のリーズナブルな価格で宿泊できるホテルでありながら、外観や館内はしっかりしたつくりになっており、ワンランク上のシティホテルと比べても遜色ありません。お部屋は十分な広さがあり、しっかりとしたデスクとチェアも置かれています。

最寄り駅は2,3,4号線が通る中山公園駅です。駅からは徒歩12分ほどで周辺は住宅街です。中心部よりやや西に位置するものの、2号線を使えば4駅で南京路に到着します。

3位 ジャングオ ホテル上海

しっかりとしたシティホテルですが、日によっては1万円以下で宿泊できます。オープンしてから月日が経つため、お部屋のデザインや家具については古さを感じるでしょ。ただ広さは十分であり、またプールやレストランなど施設面でも充実しています。

1,9,11号線が交わる徐家匯駅が最寄りです。すぐそばには地下鉄の出入り口がありますが、乗り場まで少し距離があります。市内の南西に位置しており、周辺は大きな繁華街なので買い物には便利です。
航空券にホテル代をプラスすると、ホテル代が最大全額OFF!!
安く旅行したい人は使っている【AIR+割】

アツアーホテル 上海徐家匯 インドアスタジアム

こちらのホテルは宿泊特化型であり、日本でいうビジネスホテルにあたります。オープンしてから間もないため、全体的に清潔感があり設備なども綺麗な状態です。滞在中はほとんど観光などで外にいるという方には十分な内容でしょう。

ホテルは市内の南西に位置します。最寄り駅は上海体育館駅、宜山路駅で共に徒歩7分ほど。路線については4つ利用できるので、様々な場所に行きたい方には便利な立地です。

ナラダ ブティック ホテル 上海 ホンコウ

館内には、まるでタイにいるようなアジアンテイストのインテリアが数多く置かれています。お部屋は広くはありませんが、清潔感があり独特のデザインが施されているため楽しめるでしょう。格安ホテルにありがちな不快に感じることはまずありません。

ホテルは上海の北にあります。最寄り駅は3号線の大柏樹駅で徒歩15分ほどの距離。駅から遠く、また主な観光地からも遠いため観光の拠点にするには厳しい場所と言えるでしょう。