bk3 日本人の人気の旅行先で知られるバンコク。実はタイへの旅行者は、近場である台湾や香港にも匹敵するほど渡航者が多く常にトップ10にランクインしています。近年ではエアアジアの就航によりバンコクへも安く行くことができるようになりました。そうなると、ホテルも安く済ませたいのは当然ですよね。

今回紹介するホテルは10,000円以下で宿泊できる格安ホテルです。バンコクは物価が低いので、この価格でも十分なクラスのホテルに宿泊可能です。安さはもちろん安全性や快適性も兼ね備えています。



1位 パークプラザ バンコク ソイ18

今回紹介するホテルの中では、お部屋の広さは下位に位置しますが、それでも日本を含め他の国と比べるとかなりの広さです。スタッフの対応などソフト面や設備などのハード面、そして立地と全体的にレベルが高くバランスのとれたホテルといえます。

ホテルはバンコクの中心街の1つ、アソーク駅から徒歩8分ほどの場所にあります。大通りに出れば飲食店やショッピングセンターがあるため、立地としては良い部類に入るでしょう。
予約まで直結!良いと思ったホテルは、そのまま予約可能です。
もちろん大手サイトを利用するから安心。日程と必要事項を記入するだけで予約完了です。

2位 レガシー スイーツ バンコク

旅行や出張などで日本人にも人気のホテルです。お部屋の広さは十分すぎるほどであり、周辺も静かな環境のため「落ち着ける」とリピーターの多いホテルでもあります。日本食レストランが入っているため、タイの料理に不安のある方にも安心でしょう。

ホテルはスクンビット地区にあります。最寄りのアソーク駅まで12,3分かかりますが、駅はBTSと地下鉄が交差する交通の要所であり、バンコク屈指の歓楽街でもあります。

3位 ヴィヴァガーデン サービスドレジデンス

レジデンスタイプのホテルであり、お部屋は広くキッチンが付いており、すべての部屋にバルコニーがあるなど、リゾートホテルのような要素もあります。宿泊費は格安でありながらも、設備はしっかりしているのでホテル自体の満足度はとても高いです。反面でアクセス状況が少し悪くなっています。

ホテルはバンコクの東側、スクンビットの東エリアに位置します。最寄りのバーンチャーク駅から徒歩2分。駅近ではありますが、アソークまで6駅、サイアムまで10駅と距離があります。
航空券にホテル代をプラスすると、ホテル代が最大全額OFF!!
安く旅行したい人は使っている【AIR+割】

メルキュール バンコク サイアム

ホテルは駅前のビルに入居しており、高層階に位置するため景色を楽しめます。普段私たちが利用するような都市型のホテルでのため、お部屋の広さも狭くはないですが、今回紹介する中では劣る存在です。モダンなつくりであり、ビジネスホテルのような雰囲気なので利用しやすいでしょう。

ホテルはバンコクの中心エリアに位置します。最寄りのサナームキラーヘンチャート駅から徒歩1分。周辺には大型ショッピングセンターがあり、隣駅はバンコクの中心であるサイアム駅です。

アデルフィ フォーティーナイン

2015年9月オープンのかなり新しいホテルです。こちらはレジデンスタイプのため、お部屋の広さはもちろん、キッチンや洗濯機なども完備されているため長期で滞在するには適しています。ハード面では新しいため綺麗ではありますが、一部では未完成な部分もあるため、評価にムラがあります。

ホテルは中心部の東にあります。場所はスクンビットの西エリアで、最寄りのトンロー駅から徒歩7分。場所としては日本人駐在員も多く住んでおり環境の良いところです。

いかがでしたか?バンコクのホテルは、他の都市と比べてリーズナブルで高いクオリティを持っており、全体的にレベルが高いのがお分かりだと思います。

おすすめですが、特にこだわりがなく普通のホテルを探しているなら1位にあげた「パークプラザ」がおすすめです。ハード面、ソフト面、立地とバランスがとれており満足した滞在になるでしょう。さらにシンプルで良いという方なら駅から近い「メルキュール」も良いと思います。

一方で家族での利用や長期滞在をする方にはレジデンスタイプがおすすめです。今回では「ヴィヴァガーデン」と「アデルフィ」が該当し、お部屋は広くキッチンや大型の冷蔵庫が完備されているため、何かと便利なのは間違いありません。

ただし、バンコクの場合は数千円をプラスするだけで、実質的に高級ホテルに宿泊できます。日本を含めた他の都市と比べると半額以下で宿泊できるので、せっかくバンコクに行かれるならこれらのホテルに宿泊してみるのも良いのではないでしょうか。ぜひ一度、スタンダードホテルをご覧ください。
最終更新日: 2015年11月29日