kl2 クアラルンプールのホテルは総じてレベルが高く、今回紹介するスタンダードクラスでも驚くべき良いホテルが並びます。他の都市であれば1泊3万円はするであろう高級ホテルレベルなので、コストパフォーマンスの良さも相まって、満足することは間違いないでしょう。

今回紹介するのは1泊、15,000円以下で宿泊できるホテルです。お手ごろ感があるため、クアラルンプールを訪れた方が最も多く利用するクラスです。ぜひ、最適のホテルをお探しください。



1位 トレーダース ホテル クアラルンプール バイ シャングリラ

「シャングリ・ラ」グループのホテルです。人気の理由の1つに、”ペトロナス・ツインタワーが綺麗に見える”ということがあげられ、景色を楽しむならツインタワービューのお部屋がおすすめです。内装はシンプルモダンであり、綺麗で新しいホテルという認識を持ってもらえればイメージしやすいでしょう。

ホテルは中心街であるKLCCにあります。KLCC公園に隣接しているため、環境としてはとても良いです。スリアKLCCまでバギーが運行されているため、KLCC駅へのアクセスもそれほど苦になりません。
予約まで直結!良いと思ったホテルは、そのまま予約可能です。
もちろん大手サイトを利用するから安心。日程と必要事項を記入するだけで予約完了です。

2位 パークロイヤル サービスド スイーツ クアラルンプール

こちらはレジデンスタイプのホテルです。そのため、お部屋は広くキッチンや大型の冷蔵庫なども備え付けられています。また、天井まである大きな窓からは中心街の景色を楽しむことができ、また解放感を味わえると人気の理由のひとつです。無料で提供される朝食サービスも好評です。

ホテルは商業施設が集まるブキッ・ビンタン地区にあります。最寄りのラジャ・チュラン駅まで徒歩6分。繁華街のほか、屋台が集まるアロー通りもすぐそばです。観光で滞在するにはピッタリでしょう。

3位 フレイザー レジデンス クアラルンプール

比較的新しく綺麗なホテルです。レジデンスタイプのため、お部屋は広くキッチンなども備え付けられています。クローゼットもあり長期での滞在や家族旅行で利用するには良い環境です。リーズナブルでありながら十分に満足できるため、コストパフォーマンスの良さがあります。

ホテルはペトロナス・ツインタワーのあるKLCCの西にあります。ブキッ・ナナス駅、ダン・ワギ駅から徒歩5分。2線が使えるので移動が便利で、ツインタワーへも距離はありますが徒歩圏内です。
航空券にホテル代をプラスすると、ホテル代が最大全額OFF!!
安く旅行したい人は使っている【AIR+割】

ダブルツリーバイヒルトン クアラルンプール

高級ホテルのような硬さのない、カジュアルな雰囲気が人気のホテルです。スタッフは全体的にフレンドリーであり、一般的な旅行で滞在するにはピッタリな環境でしょう。お部屋は木の温かみも取り入れたモダンなデザインです。その他では、充実した朝食が人気です。

ホテルはKLCCの隣、アンパン・パーク駅が最寄りです。駅から徒歩4分ですが、屋根付きの陸橋でつながっているため不便さはありません。ツインタワーも徒歩圏内にあり悪くない立地です。

アロフト クアラルンプール セントラル

デザイン面で差別化しているホテルです。館内にはカラフルで変わったデザインの備品が多く、お部屋に関しても同様にカラフルな色使いがされています。他のホテルのような高級感ではなく、カジュアルな雰囲気で滞在したい方におすすめです。立地上、ビジネスマンの利用が多い傾向です。

ホテルは交通の要所であるKLセントラル駅の目の前にあります。クアラルンプール各地への移動には便利な一方で、東京駅の駅前のような場所にあるため、あまり楽しめる場所ではありません。

ザ マジェスティック ホテル クアラルンプール

国家遺産に登録されてるマレーシアの伝統的なホテルです。1930年代に建設された本館と新しく建設されたタワー館の2つで構成されています。お部屋はクラシックモダンであり、新しいながらも伝統を大切にしたデザインです。日本人スタッフもいるため安心して滞在できます。

ホテルはクアラルンプール駅から徒歩2分の場所あります。隣駅のKLセントラルと誤解しやすいので注意が必要です。交通の便は良くないですが、主要エリアであれば無料シャトルバスが利用できます。

アスコット セントラル クアラルンプール

スタイリッシュな外観が特徴のホテルです。2014年オープンと新しいホテルであり、客室数は157と少ないため騒がしさはありません。お部屋もシックで落ち着いた内装のため、大人の雰囲気を好む方やビジネスマン、年配の方に良いでしょう。

ホテルはKLセントラルの駅前にあります。駅から徒歩4分ほど、ショッピングモールもあるため買い物にも便利です。ただ、観光などで訪れるのであればブキッ・ビンタン地区の方が楽しめるでしょう。

ここまで、クアラルンプールのスタンダードクラスに入るホテルを紹介していきました。基本的にはすべてのホテルで評価は高く、どのホテルに宿泊しても満足できると思います。

その中でも特におすすめなのが、1位で紹介した「トレーダース」です。クアラルンプールの中心街であるKLCCに位置しており、駅までのアクセスはいまいちですが、ペトロナス・ツインタワーが綺麗に見えるため観光で訪れるにはベストな場所です。

また、2位の「パークロイヤル」、3位の「フレイザーレジデンス」はアパートメントタイプのため、お部屋が広くキッチンも完備されています。長期で滞在される方や、お子様連れの家族で滞在される方にはとても適した環境です。こちらも強くおすすめできます。

その他のホテルに関しても、夫婦や友達同士で宿泊しても十分に満足できます。基本的には好みや立地で選んでいただけると幸いです。「ザ マジェスティック」のみ好みが分かれるところでしょうが、マレーシアの歴史あるホテルに宿泊してみたいと考える方にはピッタリです。
最終更新日: 2015年12月11日