kl3 マレーシアの首都・クアラルンプール。LCCのエアアジアの拠点がある都市としても知られ、格安で旅をするならとても良い街といえます。そして航空券だけでなく、ホテルも安いのがクアラルンプールの良いところです。

今回紹介するのは10,000円以下で宿泊できる格安ホテルです。この予算であっても、クアラルンプールではとても豪華なホテルに宿泊することができます。お部屋は広く、プール付きの解放的な環境のホテルばかりです。ぜひ、最適なホテルをお探しください。



1位 インヴィート ホテル スイーツ

2014年オープンの新しいホテルです。今回紹介するホテルの中でもリーズナブルな位置にありながらも、プールやフィットネススタジオなどが完備されています。お部屋は広すぎることなくちょうど良いスペースであり、また全室にキッチンが備えられているなど充実した内容です。

最寄り駅はモノレールのブキッ・ビンタン駅です。駅から徒歩8分ほどと離れていますが、徒歩でクアラルンプール有数の繁華街ブキッ・ビンタンに行くことができるため良い立地にあります。
予約まで直結!良いと思ったホテルは、そのまま予約可能です。
もちろん大手サイトを利用するから安心。日程と必要事項を記入するだけで予約完了です。

2位 サマーセット アンパン クアラルンプール

ハード、立地ともに優れたホテルです。比較的新しいホテルのため設備面や清潔感はしっかりしています。お部屋にはキッチンの他に、洗濯機も備え付けられているため長期の滞在にとても便利です。屋上にはプールやジャグジーもあります。

市街の東側に位置するアンパン・パーク駅が最寄りです。駅まで徒歩4分、周辺は大使館が多いエリアです。隣駅はペトロナス・ツインタワーがあるKLCCなので観光の拠点として良いでしょう。

3位 カプリ バイ フレーザー クアラルンプール

2014年オープン、33階建ての立派なビルに入る新しいホテルです。入り口を入ると館内は豪華なつくりであり、お部屋も広く高級ホテル並みのゆったりとしたスペースがあります。屋上には市街を一望できるプールもあり、景色を楽しみながら疲れを癒すことができます。

ホテルは中心街から少し離れた南西に位置します。KLセントラルから4駅、ユニバーシティが最寄り駅です。駅から徒歩10分の距離にあり、ショッピングモールが隣接する開発されたエリアです。
航空券にホテル代をプラスすると、ホテル代が最大全額OFF!!
安く旅行したい人は使っている【AIR+割】

ホテル イスタナ クアラルンプール

デザインが特徴的なマレーシアスタイルのホテルです。あまり新しいくはありませんが、ホテルらしいホテルといったつくりで、広くて天井の高いロビーなどファミリーで滞在するには良いホテルでしょう。日本人向けラウンジがあり日本食も提供されるため、年配の方にもおすすめです。

ホテルの最寄り駅はラジャ・チュランです。駅から徒歩3分。繁華街であるブキッ・ビンタンエリアに属するため、伊勢丹などへの買い物にも便利です。滞在場所としては良いところといえます。

パークロイヤル クアラルンプール

日本でいうシティホテルのレベルにあたります。お部屋は広く、ほど良い豪華さもあるため家族旅行などでも利用しやすいホテルです。日本語に対応できるスタッフもいるため、英語や現地の言葉が分からない方にも安心できる環境です。

ホテルは繁華街であるブキッ・ビンタン地区にあります。最寄りのブキッ・ビンタン駅まで徒歩4分とアクセスが良く、伊勢丹が入るショッピングセンター「Lot 10」もすぐそばです。

プルマン クアラ ルンプール バンサール ホテル

リーズナブルな価格でありながらもデザインに凝ったブティックホテルです。他のホテルにはない特別な雰囲気を求める方には良いホテルでしょう。綺麗で清潔感がありハード面で優れています。

ホテルは中心街から少し離れた西側に位置します。最寄りのクリンチ駅、ユニバーシティ駅から徒歩6分。周囲にお店などはないため、マレーシアへ初めて行かれる方には他をおすすめします。

ここまでクアラルンプールの格安ホテルを紹介しました。どのホテルもお部屋や設備などハード面でのレベルが高く、なかなか選ぶのは難しいと思います。

特におすすめなのが、1位で紹介した「インヴィート」です。綺麗で清潔感が高いこと、繁華街ブキッ・ビンタンや屋台が集まるアロー通りが徒歩圏内という強みがあります。立地、ホテル共に優れているので、迷っている方であればこちらを強くおすすめします。

ブキッ・ビンタン地区にあるホテルであれば何かと便利なので、初めて訪れる方には良いでしょう。逆に2位で紹介した「カプリ」や「プルマン」はアクセス環境はいまいちですが、ホテル自体の満足度が高いため、宿泊していて気持ちの良い時間を過ごすことができます。
最終更新日: 2015年12月8日